ヒゲのデザイン方法

ヒゲのデザイン脱毛って、どうやるの?

ヒゲを完全に失くすのではなく、オシャレにみせたい…そんな時に便利なのが、ヒゲのデザイン脱毛。

部分脱毛とかオシャレ脱毛なんて呼び方もされているようですが、主にヒゲに対してデザインしながら整えていく脱毛方法として、オシャレに関心が高い人に注目されています。

そのカットの仕方としては、まずはデザインを元に脱毛する部分と脱毛しない部分をマーキングして分けることから始めるよう。
マーキングした部分からはヒゲが生えてこなくなるそうですから、そうなるとお手入れなども楽になります。

「ここは残しておかないと…」なんて自分で管理・調整する手間が省けるのはいいですね。
残したヒゲをそのままにしておけば、自然とかっこいいヒゲの形に生えそろうこともあるのですから、まさに保険というかなんというか…抵抗感も減少です。

しかも、デザイン脱毛をすることで、自分でデザインする手間や苦労を省けるだけでなく、お肌を守る事にもなります。
カミソリ負けなどのリスクが減るのですから、お肌にとっては良いことです。

ただし、デザイン脱毛をするということは、抜いた部分はほぼ生えてこなくなりますから、「このデザインもそろそろ飽きてきたなぁ…」なんてことになっても、変更するのは無理な事も多いです。
そこのところは覚悟が必要…とでもいいましょうか。

気になる脱毛方法は、脱毛方法のなかでも痛みが特に強いといわれている「ニードル脱毛」。
きれいでほぼ永久的に脱毛してしまうといわれてはいますが、1本1本ハリを刺してやるのですから、まさに拷問に等しいと思われても仕方がないものです。

とても細いハリを毛穴の奥に差し込んで電気を流し毛根部分を破壊するというのですから、想像するだけでもぞくっときます。
ただ、その分、その仕上がりはとてもきれいだというのですから、痛みを我慢してでも…といった気持ちになってしまいます。

トップへ戻る